Netflixドラマ「ミステリーバス」第4話【モルモット】ネタバレ感想

スポンサーリンク
ミステリーバス_アイキャッチ_04モルモット ミステリーバス

「全員 今すぐ研究室へ」

 

ノルウェー版「世にも奇妙な物語」!?

Netflixオリジナルドラマ「ミステリーバス」第4話【モルモット】のネタバレを含む感想・あらすじです!

 

今回は面白かった〜!切れ味のある良い短編でした!

 

前回のミステリーバス【毒筆】の感想記事はこちら↓

Netflixドラマ「ミステリーバス」第3話【毒筆】ネタバレあり!感想考察
「クソ女に死を」 ノルウェー版「世にも奇妙な物語」!? Netflixオリジナルドラマ「ミステリーバス」第3話【毒筆】のネタバレを含む感想・あらすじです! 今ひとつの話だったかな〜というのが正直なところ。 ...

 

 

以下、あらすじと感想になります。

あらすじを飛ばしたい方は目次をご利用ください。

 

ネタバレを含みますので、まだ視聴していない方は注意して下さい!

 

 

スポンサーリンク

ミステリーバス【モルモット】あらすじ

ミステリーバス_モルモット01

ミュラー・ノヴァ社のライバル会社は、抗うつ剤の開発に成功し、社員たちを称えるお祝いパーティを開催した。

社長のエドマンドは社員に感謝の意を伝え、皆を称える。
エドマンドは若い女性で秘書のオーダの手を握り冗談を言う。
妻であるイセリンは、夫に疑惑の眼差しを向ける。

社員の中で一番賢いのは黒人の若い男性で、研究員であるアブディ。
同じ研究員である中年男性のフィリップは面白くない様子。
食事会は盛り上がり、社長はみんなに新薬を見せようと金庫を開ける。

しかし新薬が無くなっている。

警備員に尋ねると、誰も会社にはやって来ておらず、今一緒にいる誰かが開けたのでは?という流れになる。

この短いオープニングで、大勢のキャラクターの特徴と関係性、事件の勃発がしっかり描けているのがすごい。

 

社長は食事中の皆に事情を説明し、警備員が一人ずつボディチェックをする。

まずは中年女性社員のマルグレーテ。
中年男性のフィリップ。
黒人のアブディ。
秘書のオーダはエドマンドが直接ボディチェック。

さわさわ。

イセリンはそれを阻止し、自分がチェックする。
結果、誰も持っていなかった。

ハゲでスケベで冷酷で最悪の社長ですやん

 

黒人の警備員は拳銃を取り出し、全員服を脱げと命令。
イセリンを含む全員が泣く泣く下着姿になり、所持品もチェックするが出てこない。
エドマンドはハツカネズミの置物を眺め、何かを思いついた様子

「全員 今すぐ研究室へ」

下着姿になった五人を実験用ガラスルームに閉じ込める。
ここには鍵がかけてあり、金庫の暗証番号と同じ8桁の数字に設定してある。

うほっ…アブディ、めっちゃいい身体してますやん

この絶望的な状況でアブディは笑い出す。
フィリップはストレスで顔面痙攣を起こす。
アブディはフィリップを疑い、妻はオーダが夫の浮気相手で薬も盗んだのではと疑う。

フィリップは株式を所持しているので、自分が会社を損させる真似はしない。
だが薬を開発したアブディが正直気に入らなかったと告白。
アブディに煽られて殴りつける。
フィリップはアブディのマウントをとってパウンド連打。
アブディは血を流して失神。

みんな、自分の歪んだ本音を語り、ドロドロのグチャグチャ状態に

エドマンドは警備の男と相談。
もしかしたらすでに流れてしまっている可能性も。
妻であるイセリンを含む全員の過去を調査しろと命令する。

ガラスルームの中では、フィリップがエドマンドの過去の悪行を皆に話す。
エドマンドは金のためなら何でもするようなやつだ。
彼にとって我々はモルモット同然なのだ…と。
イセリンはどうせ金目当てで社長と結婚したのだろう。
社長は妻であるイセリンの誕生日も覚えていない、心の無い男なのだとフィリップは語る。

フィリップ性格悪すぎだな

しかしイセリンは彼の顔が好きだから結婚したと反論。
彼には思いやりがあるという。

エドマンドはモニター越しに全員の会話をチェック。
その時、警備員に呼ばれ、PCのデータをチェック。
何かが判明した様子。

エドマンドはガラスルームに向かう。
白状しないと全員を毒ガスで殺すと脅す。
エドマンドはガスの栓を開け、社員たちはパニック。

気絶していたアブディを起こし、オーダは全員でメモに番号を記入しようと提案。
しかしそれでは誰が書いたのかわからなくなる!とアブディ

メモに名前も書けばいいじゃねーか

イセリンはエドマンドに命乞いをする。
しかしエドマンドは微動だにしない。
その時、オーダが暗証番号を入力し始める。
そして、扉が開いた。
大丈夫かとエドマンドは声をかけるが、イセリンはエドマンドを拒絶。

オーダは偽名を使って入社した女で、ライバル社ミュラーのスパイだった。

オーダの父親はエドマンドに騙され自殺したという過去があったのだ。

オーダは情報を盗むためにエドマンドと浮気し、毎晩のように寝ていた。
今夜のことを水に流せば、警察には秘密にしてあげると交渉する。
エドマンドは了承する。

エドマンドとオーダは最後にハグをして、二人は別れる。

なんやかんやでオーダもエドに情があったのか…?と思いきや…

会社に戻ろうとすると、エドマンドの胸ポケットからハンカチが飛び出していることに気づく。
エドマンドがオーダのボディチェックした際、オーダはこっそりとエドの胸ポケットに新薬を忍ばせ、最後のハグの時に盗み取ったのだった。
エドは走って追いかけ、新薬を取り返す。

オーダは無残に殺されると思ったけど、そうゆう展開にはなりませんでした。ホッ

会社に戻り、エドはイセリンに閉じ込めたことを謝罪をする。
しかしイセリンは銃をエドにつきつけ、ガラスルームに入れと命令。
エドはそれに従い、いいわけを続ける。
背後から他の社員たちが全員やってくる。

いや、なんで警備員の黒人もそっち側についたの?

暗証番号をまた変えたわ。
私の生年月日だから簡単ね。

エドは暗証番号をいじるが、妻の誕生日がわからない。
泡をふいて死亡する。

おわり。

ミステリーバス【モルモット】感想

個人的評価★★★★☆

82点!素晴らしい短編でした!

若干のツッコミどころは短編あるあるなのでいいとして、作品の完成度は非常に高かったように思いました。

皮肉のきいたサスペンス作品で、最後まで展開が気になって楽しめましたね〜。

 

キャラの個性と緊張感のある展開が秀逸

ミステリーバス_モルモット02社員

キャラクターそれぞれの個性があり、お互いに不満や妬み嫉妬を抱えているという構造が面白い。

「ドロドロした人間関係の社員たち。ある日、会社の宝が何者かに盗まれ、社長は社員たちを実験用ケースに閉じ込めて犯人探しをする」

この一文(ログイン)だけで面白くなりそうですよね。

というか逆にいえば、ログインが面白い時点でその作品は概ね良作になるといっても過言ではないでしょう。

 

シチュエーションが面白い

スーツを着ていた社員たちが、哀れな下着姿になり、ガラスケースに閉じ込められるというのも、絵的に面白い。

どこか福本伸行の漫画を連想させるものがありました。

銀と金_人間を飼っている

他にも「ペット」というホラー映画があります。

こちらも檻に人間を閉じ込めるというお話です。(この映画も黒人警備員が出てくるなそういえば)

感想記事を書いたので、よろしければどうぞ↓

映画『ペット 檻の中の乙女』感想・あらすじネタバレ:ただの監禁映画じゃなかった!
映画『ペット 檻の中の乙女』感想です。ネタバレを含む考察もしているのでご注意を。ただの監禁映画だと思っていたら、想像を超える展開で脳が揺れました。ただちょっと動機が理解できなかったり、惜しい部分もあるので、その辺りについて語ります。

 

安定した勧善懲悪ストーリー

冷酷で強欲な社長が、最後にはしっかりと復讐されるという結末も、勧善懲悪ストーリーとしても楽しいし、話が上手にまとまりましたね。

ただ、あらすじでも書きましたが、あの黒人警備員は社長の相棒感があったのに、なぜかラストでは社員たち側につき、一緒に社長がもがき苦しむ姿を眺めているという…。

ここだけが腑に落ちませんでした。

日頃、社長から嫌味を言われていて憎んでいたのかも…。そうゆうことにしておきましょう

 

伏線と思いきや関係なかった要素がけっこうあった

ミステリーバス_モルモット03フィリップ顔面麻痺

これは伏線なのでは?

と思いきや、結局何も関係なかった…という要素がいくつかありました。

ただ作品テーマのメタファーだったり、視聴者をミスリードさせるための要素だったりするので、それが無駄だったというワケではありません。

 

一つは、フィリップの顔面麻痺

ストレスを感じると顔面がクワッと麻痺してしまう。

これは今後の展開に何か重要な要素となるのでは…と思いきや、まったく何の関係もありませんでした。

フィリップという神経質な男を演出するために用意された設定なのかもしれません。

 

もうひとつは、実験用マウスの存在

実験室に閉じ込められた社員たち一緒に、マウスも同じ空間に閉じ込められます。

フィリップとアブディの乱闘騒ぎでケージが倒れ、マウスが逃げ出す。

ガスによってマウスは死亡。

…これは何かある!

と思いきや、このマウスも何の関係もありませんでした。

人間だろうが何だろうが、社長は実験用マウスと同じくらいにしか考えていないという、社長のマインドを表したメタファーだったのかもしれない。

細けぇことは気にすんな

まとめ

  • 短編として完成度が高くて面白い
  • キャラの個性と緊張感のある展開が秀逸
  • 伏線と思いきや関係なかった要素がけっこうあった

 

これまでで第1〜第4話まで観てきたけど、今のところ第二話(狂気の3兄弟)と今回の「モルモット」がいちばん面白いですね。

残り二話となりますが、最後まで感想を書いていこうと思います!

 

次回、ミステリーバス【古い学校】の感想記事はこちら↓

Netflixドラマ「ミステリーバス」第五話【古い学校】初!?黒人女性が主演の悪魔譚
「サナ わたしたちを助けて」 ノルウェー版「世にも奇妙な物語」!? Netflixオリジナルドラマ「ミステリーバス」第5話【古い学校】のネタバレを含む感想・あらすじです! 今回もオーソドック...

コメント

タイトルとURLをコピーしました