ウォーキングデッド●シーズン9第6話【ネタバレ感想】人間関係に変化が

スポンサーリンク
ウォーキングデッド_シーズン9-6アイキャッチ ウォーキングデッド●シーズン9

「道は見えないけど、進み続けられる」

 

ゾンビサバイバル!海外ドラマ「ウォーキングデッド シーズン9第6話 町の審査会」のネタバレを含む感想・あらすじです!

 

前回「シーズン9 第5話」はこちら↓

 

 

以下、ネタバレを含みますので、まだ視聴していない方は注意して下さい!

 

スポンサーリンク

「ウォーキングデッド シーズン9第6話」あらすじ

ウォーキングデッドシーズン9-6-00

前回から数年後。

三、四年後くらい?

みんなそれぞれの生活を営んでいる。
キャロルは長髪になった。
ダリルは一人でサバイバル生活。
ミショーンは廃車の中で見つけたリックのようなフィギアをポッケに入れる。
そしてリックがいなくなったあの場所で、リックに語りかける。
橋はあれ以来、壊れたままだった。

ジュディスと新キャラクターたちの前に大量のウォーカーが現れる。
そこへ現れたユージーンやロジータたち戦闘兵に助けを乞う。
無事救助するが、仲間には入れられないと断る。
ジュディスの説得で結局彼らを連れていくことになった。

ユージーンが逞しくなって、ウォーカーを一刺し…
しかも少し痩せて……え?本当にこれユージーン?

王国。
ヘンリーがボイラーを修理。
なかなか優秀な青年に育っている。

アレクサンドリア。
新たな一行はジュディスに迎い入れられる。
しかし見知らぬ人間を入れることは規則違反だ。
ミショーンがやって来てボディチェック。
今日は泊めて、明日の朝に投票でどうするか決めることになった。

みんなの前で尋問が始まる。
彼らは元の世界では、音楽教師、ウェイトレス、ジャーナリスト、高校生だった。
ミショーンは自称ウェイトレス「マグナ」の左腕をチェック。
彼女の腕には刑務所のタトゥーが入っていた。
つまり元囚人の証だ。
ベルトには隠しナイフが。
彼らは信用を失ってしまった。

マグナって名前かっこいいね

神父ゲイブリエルとロジータ。
ロジータはユージーンと中継機を取ってくると話す。
そしてゲイブリエルとキッス。
二人は恋仲になっていた。
ゲイブリエル「ニヤニヤ」

失恋フラグが立ちました

キャロルとヘンリーは馬車でヒルトップへ。
道中、助けを呼ぶ声が。
ヘンリーが駆けつけると、それはワナで銃を突きつけられる。
こいつらは救世主たちだった。

人間の善意を罠にするとは…。セッコー!

ユージーンとロジータは馬車で移動。
ユージーンはゲイブリエルに嫉妬しているようだ。

救世主たちはキャロルたちが運んでいた物資を奪ってしまう。
ついでにキャロルの結婚指輪もよこせとせがむ。
怒ったヘンリーが棒術で相手を殴る。
キャロルは結婚指輪を渡して何とか許してもらう。

アレクサンドリアではジュディスが一人で算数の勉強。
牢屋からニーガンがジュディスに語りかける。
まるで孫娘と祖父のような雰囲気の二人。

ニーガン丸くなったな…

ユージーンは高台で中継機の設置。
前方にウォーカーの群れがやってくるのを確認。
逃げようとするが馬がどこかへ行ってしまう。
ユージーンは階段から飛び降り足を痛める。
ロジータはユージーンを救助して一緒に逃げる。

ユージーン相変わらずですやん…

アレクサンドリア。
マグナはネックレスの隠しナイフを渡す。
ここに残る、ここを出ていくと議論になる。
黒人姉妹?のコニーとケリーも手話を通じて一緒に議論。
その場は音楽教師のルークが何とかまとめる。

キャロルとヘンリーは隠れ家で夜を過ごす。
ヘンリーはなぜやり返さないのか?とふてくされる。
キャロルはヘンリーのために反撃はしなかったと諭す。
あなたにもいつか分かるわ…と。

しかしその後、キャロルはひっそりと一人で物資を奪った救世主たちの元へ行く。
寝ているところへガソリンをまいて全員を焼きころす…!

キャロル恐ろしや…

マグナはナイフを持ってミショーン宅へ。
ガラス越しに、ミショーンが黒人のRJという息子をかわいがっているのを確認。
マグナは玄関に現れ、ミショーンに隠し持っていた最後の隠しナイフを渡し、ここに残して欲しいという意思を伝える。

元囚人で悪人だったが、なかなか正直でいいヤツなのかもしれない

ジュディスはなぜ彼らを助けないの?とミショーンに問う。
いつか分かるわ…とミショーン。

一方、足を痛めたユージーンとロジータ。
ユージーンは自分を置いて逃げろと伝え、ロジータに愛の告白(精巣がどうのこうの)をしかけるが、うるせえ!変な事言うな!と一蹴されて一緒に逃げ出す。

キャロルとヘンリーが馬車で移動していると、狩人ダリルと再会。
乗ってく?

ダリル、サバイバーのスタイル似合うなあ

ミショーンは部屋で着替え中。
左の背中の腰あたりに☓印の傷跡が見える。
ユミコは怪我が回復し、ご新規一行は出ていくことになった。
旅立ちの準備をして出ていこうとすると、ミショーンが現れ、ヒルトップならあなたたちを見てくれるかもしれないと助け舟を出す。

ロジータとユージーンは泥を被り、自然の中に擬態する。
ウォーカーの群れが横切っていく。
しかしなんと、死人の群れの中から人間の言葉を話す奴がいる。
「あいつら…どこ行った」
「近くにいるはずだ 絶対に逃がすな」

ティロリロリロティロリロリロ♪

「ウォーキングデッド シーズン9第6話」感想

個人的評価★★★☆☆

今回はけっこう見どころが多くて面白かったですね

 

 

前回から数年後が経ち、住民たちの見た目や人間関係に色々と変化があったようです。

今回の見どころはそういった変化の部分でしょう!

①ロジータとゲイブリエルが恋仲になっていた
②ユージーンが逞しくなった…と思ったけどそうでもなかった
③キャロルが長髪になった
④ミショーンにRJという黒人の息子ができた
⑤ダリルが群れを離れて一人身になった

ロジータとゲイブリエルが恋仲に

ウォーキングデッドシーズン9-6-01-ロジータ

恋多き乙女のロジータは、今度はゲイブリエルに色目を使っていたようです。

なぜかモテるゲイブリエルは、再び失恋芸で我々を楽しませてくれることでしょう。

この人は様々な災難に見合わせられ、気の毒な面もありますが、マイナスを乗り越えて立派に生き続けているので人気があるんでしょうかね。

何気にご長寿キャラクターになってますし。

 

逞しく生まれ変わった?ユージーン

ウォーキングデッドシーズン9-6-02-ユージーン

ブルブルと震えていたユージーンは、ウォーカーをナイフで倒せるくらいに強くなりました。

相変わらず不器用&独特な表現で自分の気持ちを相手に伝えますが、やはり冴えないコミュ障キャラは相変わらずで、恋愛は上手くいきません。

ロジータに好意を寄せていて、ゲイブリエルとの関係に言及するユージーン。

いつかロジータと結ばれることはあるのだろうか…

 

キャロルが長髪に

ウォーキングデッドシーズン9-6-03-キャロル

キャロルは長髪になって、ファンタジー映画に出てきそうな雰囲気になりましたね。

息子のヘンリーも成長して、中高生くらいの年齢に。

敵対する相手をガソリンで燃やすなど、冷徹さは変わらず。

 

ミショーンの息子RJ

ウォーキングデッドシーズン9-6-04-RJ

ミショーンに黒人の息子がいたのですが、これは誰の子でしょう?

リックとの間にできた子?と思ったけど、ハーフではなさそうなので孤児を引き取ったのでしょうか。

彼の成長も楽しみですね!

 

ダリルが一人で生活

ウォーキングデッドシーズン9-6-05-ダリル

ダリルは一匹狼スタイルで、アレクサンドリアを出て一人サバイバル生活を送っているようです。
まあ彼らしいといえるでしょう。

リックという存在を失ってしまったので、群れの中で過ごす意義を失ってしまったのかもしれません。

こうゆうところは僕とそっくりです。

は?

まとめ

  • ロジータとゲイブリエルが恋仲になっていた
  • ユージーンが逞しくなった…と思ったけどそうでもなかった
  • キャロルが長髪になった
  • ミショーンにRJという黒人の息子ができた
  • ダリルが群れを離れて一人身になった

他にも、マグナやルークたちのレギュラー化や、ウォーカーの群れにいる話す人間の秘密など、楽しみが増えてきました。

僕は以前、このシーズンの後半まで観た記憶があるのですが、途中で観なくなってしまったので最後はどうなるのか分かりません。

今後も一見さんの気持ちで感想を述べていきたいと思います!

 

Amazon Primeで視聴しました

今回もまたアマゾンプライムで視聴しました!

まだ見ていない人、もう一度観てみたい方はぜひこちらからどうぞ。

 

次回はこちら↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました